死亡例もあるエナジードリンクの危険性!心臓発作になる前に知っておきたいこと

エナジードリンクに危険性があることをご存知でしょうか?モンスターエナジー・レッドブルをはじめエナジードリンクの摂取について、海外では「心臓や肝臓の働きに悪影響を及ぼす!」「ドラッグなみに危険!」とまで言われています。本当のところはどうなのでしょうか?その真相を探ってみましょう。

エナジードリンクに死亡の危険性が

疲れた時や、眠気覚まし、ここぞという力を発揮したい時にたよってしまう栄養ドリンク。駅前やコンビニでもビジネスマンがゴクゴク飲んでいるのを見かけます。たしかにエナジードリンクの効果には即効性があります。人気のエナジードリンクですが、死亡事故があることが気になりますよね。

1日2本のエナジードリンクで危険な量のカフェインを摂取してしまう事をご存知でしょうか?

モンスターに代表されるエナジードリンクとは?

10代から若い方を中心に人気の高いエナジードリンク。

様々な種類のエナジードリンクがコンビニでも棚の一列を陣取る勢いで並べられていますね。売れ行きが好調のため、新製品も続々登場しています。日本で発売されているだけでも数十種類あり、海外の物も含めると数えきれないほどたくさんの種類が登場しています。日本で販売されているエナジードリンクは、食品衛生法の規制により成分の一部を日本向けにアレンジされたものです。

分類は清涼飲料水

ドリンク剤とエナジードリンクの違いは成分の配合の違いや分量によって医薬品、医薬部外品、清涼飲料水のどの分類になるかが決まります。エナジードリンクは清涼飲料水の分類になります。

では、栄養ドリンクと清涼飲料水の違いを見てみましょう。

栄養ドリンクは医薬部外品に分類され、肝細胞に働きかけるタウリンが含まれています。一方、清涼飲料水に分類されるエナジードリンクには合成タウリンを使用することができないため、アルギニンを代用成分として配合しています。アルギニンはアミノ酸の一種で体内でも生成することが出来ます。活性成分として、血流をよくし、成長ホルモンの分泌といった効果が期待できる成分です。

カフェインも砂糖もたっぷり

エナジードリンクの中の成分として問題視されているのがカフェイン砂糖です。エナジードリンクなどのドリンク剤は低血糖からくる頭の働きを良くするため、大量の砂糖が入っています。興奮・覚醒作用を高めるためエナジードリンクには多量のカフェインをいれているのです。即効性があるのは多量に刺激物が入っているということですね。

 

※砂糖・カロリーが控えめタイプ、砂糖ゼロのタイプも販売されています。

エナジードリンクが危険なのではなく、一度に大量に摂取しなければ大丈夫です。

 

どんな効果があるの?

疲労感が強い時、ここぞという気合を入れたい時に景気づけの一本として飲む方が多い様です。多量のカフェインの摂取によって、夜飲むと眠れなくなる興奮作用が現れます。

エナジードリンクで肝臓に負担が

エナジードリンクを毎日5本飲むことを3週間続けたら急性肝硬変を引き起こしたというニュースがあります。これは、エナジードリンクに含まれるナイアシンの過剰摂取によるものと言われています。

ナイアシンは肝臓で分解されるのですが、1日に150㎎程度の摂取では問題ないのですがこの場合300㎎ものナイアシンを過剰に摂取したため肝臓に負担がかかり炎症を起こしたためです。

どうして肝臓に負担がかかるのか?

エナジードリンクは即効性を持たせるため通常の食事では摂取できないような栄養分が多く含まれています。肝臓は、糖分やアルコールなどの代謝をする臓器です。大量のカフェインなどの刺激物の摂取は肝臓に負担をかけ代謝を鈍らせます。

肝臓以外(心臓)などへの負担とその理由

カフェインの大量に摂取し続ける事で心拍数の上昇や血圧の増加といった心臓に負担がかかります。身体が自分の本意と関係なく、いつも興奮状態になる「カフェイン依存症」におちいってしまいます。

その他のカフェインのリスク

カフェインといった精神に刺激をともなう嗜好品は依存症になりやすいので摂取する分量には注意が必要です。中毒症状が現れるとカフェインを辞めた場合、疲労感や頭痛、不安や焦燥感といった禁断症状が現れます。

添加物のリスク

体にとっては添加物はなるべく取り入れたくないものです。エナジードリンクには「安息香酸ナトリウム」という成分が含まれています。この成分はネズミに一定量を与えるとけいれんを起こし死んでしまうという毒物です。微量とはいえこの様な成分が含まれているのは怖いですね。胃の粘膜を刺激する作用があります。

死亡例と病気になるリスク

エナジードリンクを飲んだことによる死亡事故が起きていることが世界で注目されています。心拍数の増加や血圧の上昇など心臓にダメージを与えてしまうのです。

日本での死亡事故は20代の男性が連日大量のエナジードリンクを摂取することにより死亡した例が確認されて話題になりました。外国の商品は日本の物よりカフェイン・砂糖の含有量が多いため

死亡例も多く、心臓発作や大量摂取後の衝動的な首吊りなど衝撃的な亡くなり方をしています。

 

 

子どもにエナジードリンクは?

特に子どもは、成分を分解する肝臓の働きが未熟なため摂取の量に気を付けるべきです。カフェインの過剰な摂取は心臓、肝臓に深刻なダメージを与えてしまうのです。

カフェインと砂糖のリスクについて

エナジードリンクにはコーラ4本分のカフェインと角砂糖10個分の砂糖が含まれています。これらの成分は、全く摂取しなくても身体にとっては何の影響もない嗜好品です。身体に刺激が強いカフェインと砂糖をとることは、摂取量を間違えると非常に危険なのです。実際に死亡例もあるこわいリスクがあることを心に留めておきましょう。

注意したいエナジードリンクの飲み方

カフェインの危険性を考えたら、ぜひ知っておきたいエナジードリンクの飲み方の注意点をまとめてみました。

酒と飲む危険性

オシャレな缶のラベルのイメージからエナジードリンク類を冷蔵庫に大量買いして保管している方も多いのではないでしょうか?お酒を飲むとアルコールの摂取により肝臓に負担がかかります。さらにエナジードリンクの高濃度のカフェインを追加で飲んでしまうと・・・!からだに大きな負担がかかってしまうことになります。

薬と併用する危険性

心臓や肝臓に疾患があり薬を服用している方は特に注意が必要です。エナジードリンクの成分が薬の働きを妨げ、病気を悪化させてしまう可能性があります。

エナジードリンクの危険度は?

カフェインの過剰摂取は低血圧を引き起こします。これは、長期にわたって大量に体内にカフェインを摂取することで、身体自体が反応を起こさなくなってしまうためです。

カフェインの大量摂取により急性中毒で死んでしまうこともあります。

 

体重×20㎎が致死量です。

体重50㎏の人は1日に1g以上摂取すると死んでしまう可能性があります。

エナジードリンク(モンスターエナジー)1本に含まれるカフェインは142gなので1日に8本飲むと危険ということです。※海外のエナジードリンクには最高473ml中375㎎含まれている物もあります。

 

ちなみに「医薬部外品」のリポビタンDのカフェイン含有率は50㎎です。健康な大人で7~8本が限度です。

 

リスクを知って付き合い方に注意!

麻薬と同じ!とまで言われているエナジードリンクですが、血流の改善や脳内の活性化の即効性

の効果があります。一日の使用量を守ればとても魅力的な飲み物で良い効果の方が大きいでしょう。分量を守れば大丈夫。でも、くれぐれも飲みすぎには注意しましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です